高知の夜勤専従看護師ブログ



忙しい職場ほど人間関係が悪くなると言うのは分かる気がします。ストレス貯まると、ストレスのはけ口として、同僚の悪口を言ったり意地悪したり・・・。

私の働く職場は、病院内でも毎月の平均残業時間が最も多いと言われる、超ハード勤務の職場なんです( ;´Д`)

重症度の高い患者さんが多いため、急変が立て続けに起きるとか、ステルベンが一日に数件とか...とにかく、穏やかに仕事をして帰れる日はありません。

日勤が終わって帰る頃には、日付が替わりそうだし、準夜勤が終わる頃には陽が登ります。

深夜勤が終わる頃には、昼になりますから、職場に拘束される時間が長く、プライベートなどないようなものです>_<

だから、みんな仕事だけで日々の大半を過ごしている感じですね。

そうなると、ストレスを発散することも出来ず、みんなイライラしてきます。さ

イライラ、ピリピリした職場は、人間関係も悪くなりやすいですよね。

忙しい職場ほど、人間関係が悪いって本当だなぁって思いますよ。

同期の働く整形外科は、とにかく穏やかなんです。

残業もほとんどなく、定時には退社できるそうです。

だから、みんな仕事帰りに飲みに行ったり、リフレッシュしているみたいですね(^o^)

そんな職場は、みんな笑顔で、ピリピリ感がありません。

とても穏やかな雰囲気で、うちの病棟とは大違いなんですよ。

年に二回は、リフレッシュ休暇も取れるんですって。

うちの病棟なんか、常にスタッフ不足だし、忙しいから有給休暇なんて絶対に取れません(T ^ T)

長年働くボスクラスの年配ナースが、数名毎年海外旅行に行くらしいですが、私たちは有給休暇願いなんて恐ろしくて出せないんですよ。

だから、みんなストレスが溜まる一方なんです。

ストレスを発散させるかのように、みんな陰口や悪口で盛り上がっています。

同僚のうわさ話に、医者に対する不満、患者さんの文句...と、負のオーラが渦巻いているんです( ;´Д`)

残業が多い分、他の病棟の同期よりもずば抜けて給与支給額が高額ですから、他の病棟の同期には羨ましいがられます。

しかしね、お金じゃありませんよ。

いくら高額支給になったとしても、こんな職場は疲れます。

今は、お金より平和が欲しい...そう心からねがっていますよ(T ^ T)

2014年8月29日|

系列の専門学校卒業の新人以外は苛められる恐ろしい職場・・・。大卒は嫌味を言われ、スタッフがどんどん辞めていく・・・。派閥って怖い(>_<)

私が働いている病院は、古い体質が残っていて人間関係に問題がある職場です。
その為、スタッフがどんどん辞めていってしまいます。
この病院は、看護学校を付属しているので、学校を卒業してそのまま病院で働いている方が沢山います。
学生時代からの同期がいるのは、とても心強くて働きやすいです。
先輩も学生時代から知っていますから、仕事にもスムーズに入る事ができます。
おそらく、この話を聞くと、ほとんどの方は、人間関係が良くて働きやすい職場をイメージすると思います。
でも、実は、仲間意識が強い為に派閥がある、恐ろしい職場です。

この病院では、看護学校からの採用ばかりではなく、他の学校や看護大学からも看護師を採用しています。
その為、他の学校を卒業した方も沢山採用されています。
でも、ほとんどの方はすぐに辞めてしまいます。
それは、系列の学校出身者の派閥があるからです。
他の学校を卒業した方は、イジメの対象になってしまい、可哀想なくらいです。
特に、大卒の看護師に対しては、学歴が高い事が気に入らないようで、ちょっとしたミスも大げさにするなどして、
あからさまな嫌がらせがあります。

中には、他の学校の出身者でも長く働いている方はいますが、常に敵視されている状態なので、嫌な思いをしていると思います。
私は系列の学校卒業者なので、苛められる事はありませんが、仲間だと思われるのが嫌でたまりません。
仲間意識が強いのは決して悪い事ではありませんが、こんな状況は間違っています。
私一人が立ち上がっても、何もする事ができないのですが、何とかこの職場の環境を改善したいという思いで一杯です。
このように古い体質が残っている職場というのは、本当に怖いです。ガンを克服した看護師

2014年5月21日|

適当な指示しか出さないドクター。そのたびにドクターコールしなくちゃならないこっちの身にもなって下さい!

人それぞれタイプが違うように、科によって、ドクターのタイプも違うんだなって思います。
私は呼吸器科の病棟で働いてるんですけど、内科のドクターと外科のドクターがいるんですね。
内科と外科というと、慢性期と急性期で、業務内容や雰囲気が違いますよね。
内科のドクターは比較的に静かで内向的な感じで、外科のドクターは社交的なドクターが多いんですよね。

私は、外科のドクターのようにサバサバした社交的な人のほうが、分かりやすくて、
一緒に仕事をしやすいと思っているんです。
でも、外科のドクターの中に、変なところだけ真似しちゃった、新米の困ったドクターがいるんですよね。
そのドクターは、軽い感じだけの、適当でいい加減なドクターなんです。
そのドクターのお陰で、私達看護師は振り回されっ放しです。

受け持ちの患者さんの事で、指示を貰いたいと思っても、その指示がいい加減なんです。
おかしいなと思って、何度も確認しなくちゃいけないし、全然関係ない指示を出したり、お陰で、
ドクターコールが必要な時が多くて、余計な仕事が増えてるんですよね。
この前なんて、疼痛時の指示が欲しかったのに、不穏時の指示を出されて、人の話をちゃんと聞いていないのかと思ってしまいます。
そんな感じなのに、面白くもない冗談を言ったり無駄話が多くて、そんな時間があるんだったら、
真面目に仕事してよね、って言いたいです。
ホントに、まずはしっかり仕事を覚えて、真剣に仕事が出来るようになってから、冗談を言って欲しいですよね。
そのドクターのお陰で、今日も私達看護師は、指示の確認をしなくてはいけません。
まったく、私達は忙しいんですから、余計な仕事を増やさないで欲しいですよね。

2014年5月21日|

呼吸器につながれた父親・・・。いつまで続くのか分からない介護生活は家族にとって辛い現実です(>_<)

家族が介護が必要になったら、それはとても大変な事です。
介護にはお金がかかりますから、収入を得る為に働きにでなくてはいけませんよね。
でも、在宅介護をしていると、家を空ける事が難しくなってしまうんです。
もちろん、本人が一番辛い思いをしているんですが、介護する家族の負担も大変なものなんです。

私の父は、糖尿病を患っていたんですけど、その後、脳梗塞で倒れて、人工呼吸器を装着する事になったんです。
食事も摂れなくて、意思の疎通も出来ないんですけど、在宅介護する事になったんです。
私は看護師として働いているんですけど、まだ独身で親と同居しているので、在宅介護でも大丈夫かなと思ったんですよね。
でも、私は常に自宅にいるわけではないので、母がかなり疲れています。

父は体を動かす事ができないので、2時間置きに体位交換が必要なんですね。
それに、オムツの交換もしなくてはいけないんです。
身体の重い父のオムツ交換をするのは、母にとってはとても大変な事なんです。
それに、呼吸器を付けている状態だから、痰が絡む事が多くて、痰吸引が必要なんですよ。
母は父の看護の為に、父の部屋で寝てるんですけど、呼吸器のアラームはしょっちゅう鳴るし、体位交換やオムツ交換が必要だし、
ゆっくり寝る事はまず出来ないんですよね。
母も疲れが溜まってるんですよね、最近は、良く風邪を引くし、体調を崩してばかりいるんです。

今の所、私がまだ独身だから、面倒を見てあげる事ができますけど、このままの状態が続いたら、心配で結婚する事も出来ない感じです。
傍から見るのと、実際に在宅看護をするのとでは、全く違いますよ。
父の事は大好きですし、長生きしてもらいたいと思っていますけど、介護生活は、家族にとってはとても辛い現実ですよね。

2014年5月13日|

看護師1年目は一番辛い!??最初は看護師になった事を後悔する人が多い!??いつになったら楽になるの?

看護師の資格をとり、念願の看護師の仕事につき、あ~幸せだなぁと心から喜び働いている新卒ナースは、どのくらいいるでしょうかね...。

新卒で働き始めて、心晴れやかに看護師の仕事を出来るかといえば...そんな余裕は、微塵たりともないハードな日々が待ち構えていますね( ;´Д`)

看護師の仕事は、実際働いてみると、予想以上のハードさです。

一般の人は、看護師だから出来ると思っていますが、看護師だって普通の人間です。

吐物や汚物を見れば、気持ち悪いと思います。
大量の血を見れば、ゾッとします。
人の死に直面したらショックも受けます(;´Д`A

看護学校で学んでいたことが、実践となったとき、生身の人間、リアルな死といった、とても今まで想像のつかなかったものに直面しますよね。

それは、とても精神的に負担となり、苦手を克服するということだけでも、かなりの労力を要しますね(p_-)

そこに、看護技術の多さ...。
毎日毎日、新しい技術を覚えるために、これでもかというほど経験させられます。

次第に、頭の中は混乱...ですね。

しかし、先輩は厳しいし、社会人としての上下関係の厳しさに直面します。

新人のうちは、とくに何かと目につきやすく、些細なことまで注意され、心折れることもあります...>_<...

毎日走り回って仕事をしながら、新しいことを次々覚え、患者さんとの関わりに悩み、先輩に気を使い...。

体力的にも、精神的にもクタクタな毎日です( ;´Д`)

あ~、これが看護師の仕事がキツイと言われる理由なんだ...と実感しますね。

自分には、看護師の仕事は向いていないのかも...そんな悩みをもつ新卒ナースは沢山いますね。

しかし、一番辛いのは最初の一年間だけです。

そのときの努力は必ず報われますd(^_^o)

2年、3年と経験を積むにつれ、看護師の仕事の楽しさを実感することができるようになってきます。

経験を積んでいくうちに、さらなる壁は出てきますが、看護師の仕事にゴールはないといつも感じていますよ。

壁を乗り越えれば乗り越えるほど、看護師として、人として成長できます(*^_^*)

壁のない人生なんて、後から思えば無駄に生きたな...と感じるのではないかと思うんですよね。

沢山の人の命を預かり、人に生きる希望を与えなくてはならない看護師だからこそ、壁は大きく高いのですよね(^ー゜)

2014年5月13日|

老健では、出勤前は早くから来て準備や情報収集が必要ですか?

老健の日勤業務は朝の8時半から、夜勤業務は夕方17時からとなっています(´・Д・)」

しかし、業務開始ギリギリに出勤する人はあまりいませんね;^_^A

うちの職場は、朝の8時20分から、全体の朝礼があります。

だから、たいてい朝は8時前に出勤して、8時までには医務に入るようにしています。

病院だと、結構早めに出勤して、情報収集が必要になりますよね(;´Д`A

老健でも、それなりに情報収集は必要になりますが、病院ほど時間を要しません(´・Д・)」

老健は、利用者さんが100名という大人数になりますが、病院との大きな違いが数点あるからです。

まず、病院のように患者さんの出入りが激しいということがありません(^o^)

入所の利用者さんがほとんどで、ショートステイ利用者が数名いる程度ですから、日々の変化が少ないんです。

だから、病院のように患者さんの出入りが激しく、新しい患者さんの情報収集をするといったことがありません。

また、老健の場合、夜勤専従看護師の入所する数日前から、事前情報があります。
病院の場合、入院は急遽ですから事前情報がないんですよね(;´Д`A

だから、当日朝にバタバタ情報収集する必要がないんです(-_^)

もう一点は、老健では体調の安定した方が対象です(´・Д・)」

病院のように日々体調が変化するという状況ではなく、体調不良者が数名いるくらいです。

あとは、ほぼ体調に変化がなく、全員の状態を把握しなくてはならない病院に比べると、情報収集に時間を要さないんです。

プロ意識として、業務に入る前の情報収集は当然のことではありますが、仕事の前に1時間もタダ働きは辛いですね。

老健なら、病院よりゆったりした朝の出だしになりますよ(^ー^)ノ

2014年5月 7日|


ページランク表示 サザンオールスターズ マイケル・ジャクソン 自動相互リンク集GF 相互リンク集RT